中国釣り情報局 HOME
雲南省 徳宏族景頗族自治州
旧称イラワジ川 (エーヤワディー川)の支流龙江の釣り  サルウィン川(怒江)の釣り 2013年10月15日から18日


 10月15日広州空港から 徳宏芒市空港まで直行便で飛ぶ。


YouTube 徳宏空港 雲南省徳宏傣族景頗族自治州の飛行場

思矛空港と違って、ターミナルも有る飛行場で、荷物を持って出るとタクシーも10台位客待ちしていて安心する。ただメーター料金では無くて、徳安ホテルまで9kmしか無いのに40元と言われる。

HOTELに着くと ネットで頼んでおいたドバミミズが届いている。
想像以上に大きいドバミミズでした。



YouTube イラワジ川とサルウィン川の釣りで使う ドバミミズ

10月16日 イラワジ川の支流龙江のダムに運転手に連れて行かれる。本当はダムの上流部に行く予定でしたが、うまく伝わらず下流部のダムに着く。

ダムの堰堤 まだ新しそう 10年は経っていない感じ。ネットで中国語での検索でも龙江に有るダムの名前は出てこないので、ダムの名前も建設時期も不明。

湖面の景色。釣り人が10名位 パラソルの下でヘラ仕掛けで釣っている。

YouTube イラワジ川のダム 支流龙江


今回はダムで釣るための仕掛けを持っていないので、運転手に流れの有る所に移動するよう頼む。
ダムの下流に橋が有り、橋の下から渓谷まで降りれそうなので、車を止めてもらい、崖を降りる。

橋からの上流 イラワジ川の景色

橋からの下流 イラワジ川の景色


YouTube 旧称イラワジ川 (エーヤワディー川)の支流 龙江

イラワジ川の支流なのに、水量は木曽川・長良川・揖斐川を集めたよりも多い。
イラワジ川もメコン川と同じように渓谷の間を流れて、周囲は密林で雰囲気はとても良い。



結構いい場所で少し期待しながら仕掛けを作る。水温は23.4度。
想像以上に暑く、午後3時には35度くらいまであがる。運転手に聞くと11月から1月までは暑さが和らぐが、寒くはならず長袖1枚で十分との事。
2月からは30度を超え暑くなるが、真夏でも35度以下で酷暑にはならないとの事。

イラワジ川で初めて釣った魚。
1種類しか釣れなかったですが、とても嬉しかったです。

YouTube イラワジ川の釣り

------------
10月17日はサルウィン川
-----------

10月18日 イラワジ川の支流で、当初の予定地梁河县龙江大橋に向かう。
川はダムの下流より水量が減って、釣りには適度な大きさになり、橋の下からイラワジ源流に降りる。

旧道にかかる橋から 上流部の景色


橋から下流の景色、右側はイラワジ川原産魚の料理屋さん
下の流れ込み部分を中心に竿を出しました。


橋の下の淀みへの ぶっ込み
水温は20.3度


流れ込みへのブッコミ

3時間くらい ドバミミズと練り餌で釣るが、一度も当たり無し。もっと粘りたかったが、上流部偵察に向かう。
下記のような流れがずっと続いて、川に降りる道はほとんど無し。

YouTube イラワジ川支流 龙江 源流部の釣り



ダムの発電管理所。進入禁止で、ここでSTOP。地図にもダムは載っていないのに実際はダムが有るよう。
ネットにも記載無く、運転手から撮影禁止で、撮影が見つかると揉めるといわれ、こそっと撮影。


YouTube イラワジ川 龙江 最源流部ダムの入り口
徳宏の街は、小さく街を歩いて廻れます。
刀剣屋が多く、短刀から長剣まで各種売っていました。見ているとカチン族に人が結構買いに来ています。
1m近いものは結構重かったです。




蜂の子売りの老小姐




各種の蜂の子が有り、スズメバチは日本より大きかったです。
ただ構造が一重で横広がりで、日本のスズメバチと巣の構造が違います。



HOME