未知なる釣り場を求めて!!! アジアの大河と、岩魚の源流釣り HOME

尾上郷 別山谷本流 岩魚釣り 2015年6月20日から21日

天気が良くなさそうなので山奥への遠征は取りやめ、再度別山谷本流に挑戦。
土曜日、釣り場に行く途中の御母衣ダムの鯉の群れを観察する。数年前から同じ群れで60cmから1mの大鯉が群れを作っている。
以前 至近距離で観察したとき、1匹のみ確実にメーターオーバーがいましたが、今回は橋の上からで遠くてよく解らない。この群れ夕方6時、日が暮れる7時でもこのワンドで泳いでいます。釣りたいが、岩魚が優先で鯉釣りは暫く先になりそう。

YouTube動画
御母衣ダム 60cmから1m 大鯉の群れ

午後4時に別山谷本流の大淵に下降開始。
今回はザイルを持ってきているので、ガレ場も安心して降りていける。

まずテント設営。下が岩でデコボコなので、小枝を敷き詰め、有る程度平らにする作業で30分位掛かる。


日が沈み完全に暗くなってから、25cm位の小物の岩魚を数匹釣り上げる。下の淵ではこんな上流でもウグイが2匹釣れる。
予定では夜に大雨が降って好コンデションになるはずが、不思議なほど雨が降らない。
21日朝、増水しないのでミミズでは大岩魚が無理と思い、大物の岩魚を狙ってウグイの泳がせ釣りに仕掛けを変更。
ただ30cm近いウグイなので、岩魚は最低45cm以上ないと食い込まない。お昼まで粘るが、餌の魚が大きすぎてボウズ。



 この淵この季節になると、この淵では厳しい。次はダムの岩魚が産卵で遡上を開始する9月中旬に、泳がせでチャレンジ予定。

HOME
旧 中国釣り情報局