未知なる釣り場を求めて!!! アジアの大河と、岩魚の源流釣り HOME

上郷 別山谷支流 イワナ釣り 7月24日から26日

24日金曜日夜
久しぶりにイワナの源流釣りの予定で、テント・登山靴全てを用意して、24日20時に自宅出発。
22時に目的の登山道の下に駐車する。そのまま夜の山道を上ろうと荷物を用意するが餌のミミズを無い・・・・
釣具店に途中で寄って購入するのを忘れてしまった、愕然とする。
呆然として、やる気がなくなって、翌日の朝食のおにぎりを食べる。
満腹になり、あきらめて今回は釣りは中止と思い、国道まで戻って、白鳥の道の駅に駐車して仮眠。

25日土曜日
朝8時に目覚める。天気が良い。土曜・日曜と無駄に家で過ごすのが惜しくて、やっぱり釣りに行こうと思い直す。
白鳥の釣り具に向かい、ミミズを購入。
再度山奥の登山道に戻る。
車からの出発が10時、山を越えてブッシュをかき分け、4個の滝を巻いて、テント設営場所着が15時。
時間がもったいなので、そのまま休憩なしで、即釣りを開始。
 食いは非常に良くて、全てのポイントでイワナがかかる。
撮影しようと思ったら、今度はビデオカメラがリュックの定位置に入っていない・・・
今度はカメラを車に忘れたもよう。
17時過ぎると谷底なので薄暗くなる。心急きながら更に18時まで釣るが、暗くなったのと、餌のミミズを使い切り中止。
途中の好ポイントを飛ばして、大物が潜む滝壺に、虫籠の蝉1匹と蛾2匹を持って向かう。
蝉をかけて投げ込むが途中で外れ、再度蛾に切り替えて、滝壺にぶっ込んで、テントに向かう。
テント内で夕食のパンを食べて19時に就寝。

26日日曜日
 朝5時過ぎに目覚めて、昨日蛾をぶっ込んだ滝壺に向かう。竿をあげようとするが、掛かったイワナが岩の下に潜ったようであげれない。
暫く右から左から前方向から色々引っ張っていたら、抜けてイワナが上がってくるが尺以下の小物。
テントに戻り荷物を整理して朝6時に帰途につく。
 今回は色々あったので、転んで怪我しないように、慎重に滝を巻きながら、源流を上る。
自宅向かいの人に野菜をいつも貰うので、イワナを釣ってくるよう妻に頼まれ、リミット外してイワナを釣ったので、イワナが重くてクマザサのブッシュ帯を上るのが、いつも以上に苦労する。
11時過ぎに無事に車まで到着。無事に帰れてほっとする。

iIpadで撮った画像
今回は尺イワナはなし、18cmから28cm位まで、平均は25cm弱のイワナで大物は釣れず。
3時間で35匹の釣果ですが、数釣りは虚しいです。
やはり巨大な滝壺で、坊主でも良いので大物を狙った方が良い。


HOME
旧 中国釣り情報局