中国釣り情報局 HOME

沖縄離島 与那国GT釣り 2016年6月17日~21日

17日 9:05自宅出発
9:23名鉄岐阜発 10:25中部空港着
預かり荷物 スーツケース19kg 釣竿ケース9kg
別料金を覚悟していましたが無料でした。

石垣島が見えてくる。


YouTube動画
中部空港→石垣空港着陸 石垣珊瑚の海

久しぶりに見るサンゴに囲まれた海岸を見て喜ぶ。

14:50石垣着
15:10 レンタカー出発
食事 16:10アパホテル着
アパホテルが、釣りのスペシャリスト更井さんに教えて貰った突堤近くで嬉しい
夕方石橋港の突堤に行く。


ピトンの穴が、テトラに開いている。



新しそうな穴は全て1/2インチ。



YouTube動画
石垣島 防波堤 GT・タマン釣りの、64チタンアンカーピトン









釣具屋さんで、大物釣りには このタコがよいと勧められ購入。



先ほどとは変わって、潮が止まり釣れなさそう。
取りあえず、竿は記念で出してみる



2時間位で明日の事考えてホテルに帰る。
勿論いつものごとくボウズです。

6月18日

ホテルからレンタカーで空港に向かう。
石垣空港10時25分発のプロペラ機に乗る。



YouTube動画
石垣空港離陸→与那国空港行き RAC741 


快晴で海がとても綺麗。

YouTube動画
与那国着陸 RAC741 与那国GT釣り NO.4 2016年6月18日

11時与那国空港着。


プロペラ機を降りて歩いてロビーに向かう。



迎えに来て貰った民宿の車に乗り、15分位で民宿モスラ着。





YouTube動画
与那国 久部良港 魚市場前 与那国GT釣り NO.5 2016年6月18日

12時30分にただ1軒昼食を食べれる久部良漁港の海人食堂に行く。
魚市場の中に食堂が有る。


座れる席がなく立って居たら、1人の人が向かい側に座ったらと合図をくれるので、対面に座る。

座席の机に魚図鑑が貼って有り、見ていたら対面の人が親切に上の調味料をずらして見やすくしてくれる。



メニュー


刺身定食とマグロの漬け井は売れ切れと言われる。
魚フライ定食も後2個で売れ切れと言われ、魚フライ定食を頼む。
カジキの刺身が付いている。



海人食堂内



入り口に貼って有る魚図鑑



食事が終わって道を挟んだ釣り道具屋に行くと、先ほどの人が撒き餌を買っている。



ここで飲み物を購入。



自然と釣りの話しになって、GTを釣りに来たと言ったら、防波堤を案内してくれると言われる。
お言葉に甘えて、久部良の防波堤の先まで行くと、ピトンアンカーの穴が所々開いている。



ただ自衛隊の工事で、工事関係者が毎日釣りにきて夕方は場所が空いていないと言われる。
先っぽまで見に行っている間に目星を付けた場所は占拠される。
明日は日曜だから、突堤の釣り場は人が多くて好場所は難しいとアダバイスを受ける。
南海岸にも突堤が有るとの事で見に行くが少し浅い。
夜潮が良いと大物が入って来るそうです。
更に道を進むと馬が道路を占拠して通れず、道が空くのを待つ。
右手は隆起した珊瑚の磯が続き、好ポイントだらけだが、磯まで道具を持っての移動が大変そう。

YouTube動画
与那国馬と、与那国 南側の磯 与那国GT釣り NO.6 2016年6月18日





道を戻るが又馬で暫く停車。
結局彼の知っている磯に連れて行って貰う事にする。
食事で合席になり、釣具屋で一緒になっただけの縁で、助手席に乗せて貰い、更に好ポイントを案内して貰い、メチャ感謝。
車を降りて珊瑚が岩になった斜面を降りて行くと、釣り場から断崖が真下に向かって垂直に15m以上落ち込んでいる。
アンカーピトンの穴は新旧開いている。



YouTube動画
与那国 GT磯釣りのポイント? 与那国GT釣り NO.7 2016年6月18日

真下は深さ7m位のテラスで、15m位先は更に断崖になっているようで青い海が黒色に変わっている。
浮き釣りの彼は左手で少し下った場所に入る。



僕は早速64チタン アンカーピトンをねじ込み、小笠原と石鯛リールをセットする。
久部良の釣具屋で購入したサンマをテラスの向こうの落ち込みに投げる。深さは20m以上。

更井さんに大阪の釣具屋でアドバイスを受けて買った、50号と30号の太いハリス。
針もタマン針では、GTには小さすぎると言われ、半信半疑で買った、大きな針。
一番下は針につけるサンマ



泳がせ釣りをする為に、少魚を釣る。
アミエビを入れたカゴを投げ入れると、一投目で一杯魚が寄って来る。

☆磯釣りは、ほぼ初めてで魚影の濃さに感激。
いつもは内陸の渓流・川・ダムで釣りをしていて、海は突堤の小アジ・キスしか知らず、磯が魚影がこんなに濃いと初めて知る。
磯釣りが人気が有るのが良くわかりました。

見える範囲に人影が無く、海と岩場のみの雰囲気は、イワナ釣りの源流の奥の雰囲気と似ていて、凄く満足。

YouTube動画
与那国 泳がせ用の小魚釣り 与那国GT釣り NO.8 2016年6月18日

中国のコクレン吸い込みカゴで画像の魚が一投目で簡単に釣れる。
2匹目はなかなか掛からなかったが、数投目でゲット。3匹目以降は不思議と難しい。

YouTube動画
与那国 捲き餌に集まった魚の群れ 与那国GT釣り NO.9 2016年6月18日

取り敢えず生き餌がいるので泳がせ釣りに変更。





この魚も、後ほど背掛けで泳がせました。

磯釣りの名手 ◎峰さんが釣った魚。


リールを巻くが当然根掛かり。以後投げるたびに、重りか、重りと針の両方が無くなる。
サンマをやめて、リーダー30号で先ほど釣った魚を背掛けで落ち込みに投げ込む。

熱い。汗が出っぱなしで、3時過ぎには頭が痛くなり、その後吐き気がする。
ヤバイので日陰を探して逃げ込み、ポカリスエットを飲み続ける。

もし夜掛かっても15mの崖で、1人で落とし玉も無しで、取り込み不可能なので、1匹位大物釣りたく、ネットで探し漁師に電話する。
月曜は予約埋まっているが、明日の日曜は開いているとの事でお願いする。何が釣りたいかと言われGTとお願いする。

折角来た与那国なので、少し頭痛が残っているが釣りを再開。
背掛けの竿を上げるが根掛かり。
もう1匹を背掛けにして、テラスの上に投げ込む。

小物を釣ろうと用意していると小笠原が動く。

YouTube動画
与那国 泳がせ釣りで前当たり 与那国GT釣り NO.10 2016年6月18日

ビデオを置いて、何時当たりが有っても良いようにスタンバイ。
動いたり止まったりするが、決定的なアタリは無し。
最後に竿が4分の1位曲がり、そのまま停止。
30分位曲がった竿は動かない。諦めて竿を上げる。
又地球を釣って糸を切る。

更井さんの助言通り、30号でも普通に食う。
本当は50号の方が良かったようです。

生き餌が無くなりサンマを掛けてぶっこむ。

暇なので、小物釣の竿で、サンマを切り身にして、真下の落として、竿に鈴をつける。
直ぐチリチリと鳴り、待っていると大きく鳴るので合わせる。
無理矢理引き上げると、トガリエビス。


YouTube動画
与那国 浮気して小物釣り 与那国GT釣り NO.11 2016年6月18日

19日 朝7時10分に 漁船に乗り込む。

船名は 第6智美丸



YouTube動画
与那国 久部良出港 第六智美丸 与那国GT釣り NO.12 2016年6月19日



YouTube動画
第六智美丸 カジキトローリング 与那国GT釣り NO.13 2016年6月19日

魚礁に餌を釣るため向かうとき、カジキ用のジグを投げ込む。
暫くするとリールが鳴り糸が急速に出ていく。
船長は音と同時にあっという間に竿まで来るが、その時には外れて糸が止まっていました。



YouTube動画
第六智美丸 与那国GT釣り NO.14 2016年6月19日

キハダマグロ・カツオ・ツムブリが次々釣れる。
1時間で6匹釣れ、餌として大きすぎないか内心で心配している。






島の近くに戻り、カツオを目通しにして流す。
何度も流すが当たり無し。
一度あたって、胴体に囓った傷が付いている。
その後流すが当たり無し。

船長の判断で、もう一度魚礁に戻り、ムロアジとツムブリの小さいのを電動で数匹釣る。
一定の深度まで落ち込むと即座にアタリ簡単に次々釣れる。

魚礁から島の近くに戻る。
30cmから35cm位の小魚を流す。
数回目に当たったが、囓られ頭だけ上がってくる。

船尾に有るカジキ釣りに使う椅子。
この椅子に座ってGT釣り、僕には贅沢すぎると思いながら!!!(*^_^*)


戻って同じポイントを流すとヒット。

YouTube動画
GTヒット 35kg 118cm 第六智美丸 与那国GT釣り NO.15 2016年6月19日



118cm 35kg位(船長の感じ)の GT (ロウニンアジ・ガーラ)

ホースで海水を口に流し込んで、弱らせないように努める。



船長にGTを釣りたいと頼んだが、本当に釣れたのは、川田船長の腕と粘りで感謝です。
明日は磯にGT釣りに行くので、餌としてキハダマグロを2匹持って帰る。

夕食を食べようと思ったら、ただ1軒開いている居酒屋は満員で食べる所が無い。
明日の餌のキハダマグロ1匹を3枚におろして、刺身で食べる。
夕食はキハダマグロの刺身のみ。

6月20日
18日に磯場に釣れていって貰った 磯釣りの名手 ◎峰さんの車に乗せて貰い、昼食を一緒に食べに、海人食堂に向かう。
なんと定休日。
なんと久部良では食事する場所が無い。
 確実に営業している飛行場まで行って、カジキの漬け井を食べる。


その後、◎峰さんが19日に行った磯に釣れて行ってくれる。
昨日小魚を釣って海に投げ入れたら、1m位の魚が食ったとの事。
何回か食いに来て、小魚を食べる動画、寄ってくる動画を見せて貰う。

竿が折れたそうです。ウキ釣りの竿なら、1mなら当然折れると思ったが、原因は違う。
釣ろうと思い、小魚を掛けて投げたら、魚の重みで竿が折れたとの事、
メーターの魚の補食動画を見ていると、釣り師の宿命で、取りあえず有る仕掛けでチャレンジするのは仕方なし。



アンカーピトンの螺旋が1個開いている。





少し錆びていて、手ではねじ込めず4角スパナで、無理矢理ねじ込む。



YouTube動画
磯釣り アンカーピトン設置 与那国GT釣り NO.16 2016年6月20日

18日の場所とは、魚が違い、表面は熱帯魚が多く、その下にはグレに似た魚が泳いでいる。



YouTube動画
背掛け用の小魚釣り 与那国GT釣り NO.16 2016年6月20日

始めはコクレン吸い込み仕掛けで、2匹程釣ったが、ハリスが噛み切られ、針数が少なくなったので、カニを付けたら、カワハギが釣れました。


夜になってもアタリ無し。



下の画像、上が釣った魚、中が19日のキハダマグロの子供、下が釣ったカワハギ。
この魚をぶつ切りして何度も投げ込むが全くアタリ無し。



夜10時頃、ヘッドランプが切れる。予備のソーラーライトを出すが何時明かりが無くなるか心配で撤収。
仕掛けを仕舞っているとき明かりが無くなったらと、少し心配でした。
無事に道までソーラーライトが持ちました。

6月21日

家族に頼まれた、さーたーあんだぎーを購入。
どんな物かわからなかったので、タクシーの運転手に頼んだら、待ち合わせの釣具屋の途中で連れて行ってくれました。
この店が沖縄で一番で、揚げたてを買うと美味しいとの事。土産物屋だと揚げたてでは無いので美味しさが違うとの事。




チタンでアンカーピトンを作ったらとアドバイスを頂いた、『沖縄に毎年遠征に来る福岡のぐるくんさん』と、那覇市の釣具店サンノリー釣具屋で待ち合わせ。






『福岡のぐるくんさん』は、沖縄と離島で、アンカーピトンをいつも使っている大物師です。
クエの板バネとか、竿を途中で固定する3点張りの写真とか見せて貰い興味深かったです。
沖縄はどこでも、アンカーピトンの穴が有るそうです。

古くて錆びたピトンから新しいピトンまで沢山ある場所は、好ポイントと教えて貰いました。
確かに18日に入った磯は新旧の穴が幾つか有ったが、20日に入った磯は穴が1個でした。

与那国はレンタカーは必須です。
最初は釣り場に歩いて行けば良いと思っていましたが、甘かったです。
食事するのに、隣の地区・飛行場まで移動する必要が有るので、車は無いと不便すぎます。
久部良の町では朝食も夕食も、食べるのが難しいです。
民宿も食事が付きません。


ネットで見つからない宿泊場所。



64チタンアンカーピトンのサンプル試験で、与那国に行けて幸せでした。

機会を作って貰った、『沖縄に毎年遠征に来る福岡のぐるくんさん』に感謝、
一緒に食事をしただけの縁で18日と20日ご一緒させて頂いた磯釣りの名手◎峰さんに感謝、
GTを釣りたいと言って、滅茶難しい可能性なのに、釣り上げさせてくれた第6智美丸の川田船長に感謝。

夢のように楽しかった与那国です。
与那国の魚は大きくて、とても多い!!!

HOME