中国釣り情報局 HOME

沖縄離島 与那国 カンパチ・マグロ釣り 2017年4月24日~29日

4月24日 JAL名古屋→沖縄 

4月25日 RAC721便 沖縄7時20分→与那国9時着
レンタカーを借りて民宿に向かう。
昼食後 久部良の釣具屋に行くが餌のサンマが無い。仕方が無いのでアミエビを購入。
サビキで小魚を釣って、小魚でGTを狙う予定。
 久部良港の防波堤に行く。小雨で風が吹いている。民宿に帰ろうかと思うが、折角与那国に来たので竿を出す。
餌の小魚を釣るため、サビキをするがちっとも釣れない。苦労して1匹釣り上げるが、GTを狙って切り身にするには小さく、 小さい切り身を餌で少し大きめの魚を狙う。

オカジャが運良く釣れる。


切り身にして、みお筋に投げ込むが、雨が激しく風が強くなり、とても釣りの環境でなく、15時に撤収。
(当日 近くの石垣島では豪雨で災害になっていた模様)

4月26日
朝7時に 第六智美丸に乗り出港。
久部良港に停泊中の 第六智美丸


カンパチのポイントに向かう。
1時間30分かかって、水深300m位の岩礁帯に到着。最初に餌のアカムロアジを釣る。

アカムロアジを掛けて沈めるがアタリが無し。
 30分位走って隣の岩礁に移動。
小さな当たりで合わせると、ほとんど竿が曲がらない小さな60cmのカンパチ。
川田船長に小さすぎて恥ずかしいサイズと言われる。



 次は上げている途中竿が大きく曲がる。メーターオーバー間違いなしと喜ぶが水深200mくらいの所でサメに切られる。
次から次に掛かるが、上げてくる途中で全てサメに仕掛けごととられる。
 10匹位サメにやられた後、カンパチが水深300mから水深50m位まで上がってくる。
もう少しだと思ってカウンターを見ていたら無事に30m 20m 10mとなりカンパチが見えてくる。

1m玉枠より2cm位足りない98cmのカンパチ。嬉しかったです。


YouTube
与那国 カンパチ98cm 2017年4月25日

次のカンパチは無事に上がり1m玉枠より5cm位大きい。念願のメーターオーバーのカンパチ、嬉しかったです。
次のカンパチもメーターオーバー。


YouTube
与那国 カンパチ釣り メーターオーバー 2017年4月25日

105cm 105cm 98cm 60cmの4匹のカンパチ+骨だけになったメーターオーバーのカンパチ 合計5匹。


一番大きいカンパチは、食べるため3枚におろして頭と骨のみ。


明日から海が荒れるので、帰りにバヤオに寄って貰い、ジグでキハダを狙う。
次々カツオが釣れるがなかなかキハダマグロが釣れない。
暫くしたらツムブリが釣れて、キハダが2匹釣れる。

今回は持って帰ろうと思ってクーラーを持って来たので、1mのカンパチとキハダを短冊にして民宿に持って帰る。
夕食は サラダとカンパチ刺身・キハダマグロの刺身で幸せでした。

4月27日
昨日、川田船長から明日は風が強く海が荒れるので波が高く、船が出せないと言われる。
朝起きると雨風が強い。取りあえず 防波堤に行って車の側に竿を出す。竿を出して車の中で竿先を見ているが風で車が揺れる。
暫くすると風が更に強まり車がグラグラ揺れて、ひっくり返って海に落ちたら困ると思い、撤収。

 夕食後民宿の共同のソファーで2人の男性が酒を飲んで話しているので、一緒に混ぜて貰う。
群馬から与那国産の昆虫採集に来られたとの事。
一人は甲虫類の糞虫、もう一人はカミキリムシが専門との事で、興味深い話が沢山聞けておもしろかったです。

4月28日
風と波が少しおさまり13時に第六智美丸で出港。
バヤオに行き、エビングをするとのこと。
 川田船長にエビングの方法を教わる。
初めてのエビングだが、1回目でメバチマグロ58cm 
10分後に2匹目のメバチマグロ
その後キハダマグロ ツムブリ

 エビングで釣ると、マグロが面白いように簡単に釣れました。


YouTube
与那国 エビング メバチマグロ釣り 2017年4月28日

カツオを切り身にして、灯台下でクエを狙う。
苦労してやっと掛かるが、上げて来るときに60号の糸を切られる。 
2匹目も途中で糸が切れる。船長によると掛かったクエが大きすぎたのが原因だそうです。
夕方に為ったので帰港。クエは来年の4月に再度狙って下さいとのこと。

4月29日
沖縄→中部空港
夜10時30分頃 頃自宅到着。

HOME